お茶の淹れ方セミナー『シングルオリジンの日本茶の世界』

ハンドルネーム:埼玉北関東オーナーズ倶楽部事務局 様
お住まいの都道府県:埼玉県
築年数:0
家族構成:



title=%e8%ac%9b%e7%be%a9%e9%a2%a8%e6%99%af
7月1日 表参道 茶茶の間 店主 和多田 喜(わただ よし)先生をお招きしまして、お茶の淹れ方セミナー「シングルオリジンの日本茶の世界」を開催致しました。
先生に「シングルオリジン」の茶葉にこだわった《嗜好品》として楽しむ日本茶の世界を教えていただきます。
一つのの畑にこだわった単一産地、単一品種の煎茶の「シングルオリジン」の茶葉を使います。

title=%e3%81%8a%e8%8c%b6%e3%81%ae%e8%91%89
冷茶で作る煎茶「夜空」と「桜薫」、温かく淹れた煎茶「桜薫」の三種類を実際に淹れていただき、試飲します。
「夜空」は天竜で作られたお茶で口に含んだときには控えめな甘み、渋み、香りが徐々に広がっていき、飲み終わりにはしっかりとした香りがたちあがります。
「桜薫」は安倍川の上流にある、山の中に広がる土地で作られたお茶です。優しい甘さと桜餅のような香りで和菓子を食べているような風味が楽しめます。
【発見!】上質なお茶の葉は食べても美味しいんです。

title=%e6%89%8b%e5%85%83%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97
「涼を楽しむお茶」
暑い夏だからこそ楽しめる、冷たいお茶の淹れ方を教えていただきます。ひとすじの涼風のようなさわやかな香りと後口を堪能・・・。
そのあと温かく淹れた煎茶「桜薫」も飲み比べてみます。お茶の香りが違います。
【発見!】1煎め、2煎め、3煎め・・・6~7煎めと試飲していきましたが上質なお茶はずっと美味しくいただけるんです!!

title=chachanoma01
参加されたオーナー様の感想
「日本茶もワインのような産地や茶葉のこだわりがあるんですね」
「目からうろこでした。今まで淹れてたお茶の淹れ方ってなんだったんでしょう」
「急須のフタは捨てます(笑)」←捨てないでください。そそぐときに必要なときがありますから!!
先生、ありがとうございました。