9/24 都市の地下にこんなところが!!防災地下神殿「首都圏外郭放水路」ツアー

ハンドルネーム:東京オーナーズ倶楽部 様
お住まいの都道府県:東京都
築年数:0
家族構成:



title=OLYMPUS
今回は埼玉県春日部にある、首都圏外郭放水路へ行ってまいりました。
ずっと台風や雨が続いていたので心配でしたが、この日は晴天でお出掛け日和でした。

まずは、地下放水路の説明を聞きます。
首都圏外郭放水路は中川、倉松川、大落古利根川などの中小河川の洪水を地下に取り組み、
地底50mを貫く総延長6.3kmのトンネルを通して江戸川に流す世界最大級の地下放水路だそうです。

title=OLYMPUS
いよいよ待ちに待った調圧水槽へ!!
116段の階段を一気に降りていきます。
平均気温15度、階段途中でスーと涼しくなるのが分かりました。
ここでは自由見学タイムです。
重さ500t柱が59本もあり、水槽の天井を支えている光景は、まさに地下にそびえる地下神殿を思わせます。

title=OLYMPUS
柱にポンプ停止水位のラインのプレートがあり、写真には写っていませんがその上には定常運転水位のプレートがあります。
ポンプ停止水位はこの水位に達しないとポンプが空回りしてしまうという水位。
定常運転水位はこの水位より上にいかないように4台のポンプで運転を調整して排水を行なっている水位だそうです。
水が来たところまで柱の色が変わっていました。


title=OLYMPUS
また階段を上がって地上に戻り、最後は第1立坑の見学へ。
深さ約70m、内径30mもありスペースシャトル・自由の女神がすっぽり入る巨大な円筒状になっています。
皆様スマートフォンで一生懸命写真を撮っていましたが、「落としたら拾えませんよ~」というアナウンスにドキドキ。
(先日本当に落としてしまった方がいらっしゃったそうです)

この後はバスが来るまで龍Q館で映像をみたり、訪れた有名人のサインを見たりしました。
その後は春日部駅近くのお鮨屋さんでお昼を食べて解散となりました。
皆様遠方までご参加いただき有難うございました。
お疲れ様でした。