【第1回】美しい雪の結晶は気象条件で決まる!

雪をじっくり見たことはありますか?ひらひらと舞い落ちる雪、ぼたぼたっとした大きな雪、雨混じりの雪。塊に見える雪もひとつひとつを見ると美しいカタチをしています。そして、そのカタチがどのようになるかは、気象条件と深いかかわりがあるのです。

%e7%b5%90%e6%99%b6%e8%a8%98%e4%ba%8b%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a0

■形を決めるのは、上空の「気温」と「水蒸気量」
結晶の形で上空の大気状態を把握できることから、「雪は天から送られた手紙である」(中谷宇吉郎氏)という言葉があるほど。
雪の結晶は「気温」×「水蒸気量」の影響でたくさんのパターンがあり、そのときの気象条件によって形が変わります。そのカタチは雪結晶のグローバル分類表で分けることが可能です。ただ、一つ一つの結晶の形を詳しく見るとすべて違う形をしていて、同じ結晶は二度と見ることができません。雪の結晶一粒、一期一会の出会いかもしれませんね。
さて雪の結晶、といえばあの形!となんとなく頭にイメージが浮かびませんか?クリスマスシーズンなどに良く見かけますね。このカタチは分類では「樹枝状結晶」といわれて、気温-15度くらいで水蒸気量が多いときにできるとされています。

■こんなに違う!雪の結晶の形状
気温と水蒸気量の違いだけでこんなにも形状が変わるとは驚きです。今回は、樹枝状結晶と角板結晶をご紹介しますが、そのほかにも針状や鼓状の形など様々あります。

%e7%b5%90%e6%99%b6%e8%a8%98%e4%ba%8b%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a1_%e6%a8%b9%e6%9e%9d%e7%8a%b6

▲樹枝状結晶
%e7%b5%90%e6%99%b6%e8%a8%98%e4%ba%8b%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a2_%e8%a7%92%e6%9d%bf

▲角板状結晶

■美しい結晶を観測&残すには?
実際に雪の結晶を自分の目で見てみたくありませんか?たくさん雪が降らなくても、ぱらっと降った雪をキャッチできれば観察は可能です。ぜひ、ご家族で観察会をしてみましょう。

◆雪を観察してみよう!
・降ってくる雪をキャッチしてルーペ(虫眼鏡)で観察
・雪を観察するときは、黒・青など暗い(濃い)色の布・生地などですると形がわかりやすい(濃い目・暗めの色の傘などでもOK)

◆スマホで撮影
・背景は黒や青の生地や傘等を外で冷やして雪をキャッチ
(可能なら事前に布などを冷やすことで、雪が溶けるのを少し遅らせることができます)
・スマートフォンなどで撮影(接写モードがおススメです)
・どれくらいのサイズか記録するなら、ものさしや比較対象のものと一緒に撮影すると、よりわかりやすい

ハンドルネーム: 様
お住まいの都道府県:
築年数:
家族構成:



title=%e7%b5%90%e6%99%b6%e8%a8%98%e4%ba%8b%e5%86%99%e7%9c%9f%e2%91%a0