第32回 増築することで吹き抜けをつくり、明るく暖かいわが家へ

ストックへーベルハウスを購入されたM様ご夫妻。
1階のリビングが暗くて寒いと感じつつもそのままお住まいでした。
そして購入から8年後、頑丈な躯体を生かし全面リフォームをすることに。
増築して吹き抜けをつくり、断熱性を向上させたことでLDKが開放的に、明るく暖かくなりました。

キーワード
明るいLDK/暖かい暮らし/ペットとの暮らしを楽しむ/こだわりの内装/ストックへーベルハウスを購入してリフォーム/キッチン/玄関
第32回 増築することで吹き抜けをつくり、明るく暖かいわが家へ

物件概要

外観写真
所在地 大阪府
築年数 34年
床面積 1階 64.95㎡/2階 51.55㎡
家族構成 M様ご夫妻、ご長女(0歳)

リフォーム Before/After

Introduction M邸[大阪府]

吹き抜けからの採光と床暖房で快適なLDKに

2007年に築24年のヘーベルハウスを購入された当時、奥様は「いずれは建替えを」という思いがありました。一方で、M様は「頑丈なヘーベルハウスだから、建替えはせずリフォームでも」とお考えだったそう。「建築関係の仕事をしているので、へーベルハウスが耐久性に優れているのはよく知っていたんですよ」
そして購入から8年後、リフォームをすることに。「1階のリビングが暗くて寒かったのを、どうにかしたくて。それと、犬のハナは目が不自由なので、階段の安全性も気になっていたんです。」当初は建替えもお考えでしたが、営業担当とお話を重ねるうちに、M様はリフォームを選択されました。「3年前に外壁と防水シートのリフォームをしたばかりでしたし、理想の家ができるならリフォームでも、と思いました。」

M様からは、暗さを解消するために2階のロッジア部分に増築して吹き抜けをつくり採光を確保するというアイデアを、奥様からは寒さ対策に最新の断熱材を入れたいというご要望をいただきました。営業担当からは床暖房とエネファームの導入をご提案。「日当たりが良くなり、床はいつでもポカポカで、居心地の良いLDKになりました」
階段の問題はペット用のすべり止めコーティングで解決しました。「実は何度か転落してしまったこともあって。本当にやってよかったです。リビングも廊下もすべらないようペット用の床タイルにしました」とM様。
家族が快適で安全に暮らせる家になり、ほっとしたご様子です。

ご夫婦の写真

全面リフォームで快適に生まれ変わったわが家

1階間取り Before
1階間取り After
2階間取り Before
2階間取り After

吹き抜けとひと続きのLDKで開放感と明るさを確保

2階のロッジアだった場所に増築して、LDKに吹き抜けをつくりました。またブレースを移動することで大幅な間取り替えも実現。以前は、キッチン・ダイニングとリビングが扉で分断されていましたが、リフォーム後はひと続きの開放的なLDKになりました。
かつては昼間でも電気をつけなければならないほど暗かったそうですが、吹き抜けができて、日中は陽の光だけで過ごせます。

LDKビフォーBefore 以前のキッチン・ダイニングとリビング
LDKアフターAfter ひと続きになった明るいLDK
吹き抜け1吹き抜けには採光のために大きな三連窓を設置
吹き抜け2室内窓のある洋室(左側)は将来お嬢様のお部屋に

壁付けタイプからオープンなペニンシュラキッチンへ

キッチンは壁付けタイプからペニンシュラタイプに。藍色のカラーリングは床タイルとの相性を考えて選ばれました。LDKのスタイリッシュなインテリアとマッチしています。
「リフォーム後に長女が生まれて、初めての沐浴は、夫婦で一緒にキッチンのシンクで行いました。以前は考えられませんでしたね。シャワーもないし、シンクも狭くてベビーバスも置けないし……」と奥様。「料理もしやすいですよ。作業動線も良くなりました」と、料理担当のM様もお気に入りのようです。

キッチンビフォーBefore 以前の壁付けキッチン
キッチンアフターAfter スタイリッシュなペニンシュラキッチン

シュークロークで実現したスッキリとした玄関

玄関横の壁を抜き、かつて和室の押入れだった部分に、ベビーカーを収納できる大容量のシューズクロークも作りました。こちらもM様のアイデアで、「玄関を広く取りたくて、図面を見ていたらこのスペースが使えるとひらめいて!」と語ってくれました。
元々あったブレース(筋かい)は、構造計算の上で別の場所に移動しています。

玄関ビフォーBefore 以前の玄関ホール
玄関アフターAfter シュークロークにはベビーカーなども納まります。

タイルづかいで高級感のある空間に

インテリアにも、M様ご夫妻のセンスが光ります。玄関からLDKまではタイル張りの床にして高級感のある空間を演出しました。廊下の壁やテレビの背面にはエコカラットをあしらい、おしゃれなアクセントになっています。「通常、エコカラットを張るとクロス張りの部分より出っ張りますが、フラットになるように壁の下地をへこませたんですよ」とM様のこだわりは細部にまでわたります。

吹き抜けよりLDK床材や壁のアクセントにタイルを使用。
ロフト照明計画にも配慮しています。

リフォーム まとめ

M邸リフォームの流れ

リフォーム期間
約2ヵ月間(2016年5月~2016年7月)
2015年5月
営業担当が巡回訪問
2015年8月
リフォームご契約
2016年5月
リフォームご着工
2016年7月
完工・お引き渡し

担当者の声

営業担当:遠竹

M様とは巡回訪問をきっかけに、約1年間じっくりとお打ち合わせをさせていただきました。週末には展示場やショールームを熱心にご見学され、リフォームの細部まで拘っていただいた事がとても印象的です。仮住まい中は大変なご不便をお掛けしましたがお引渡し後にご家族が増え、「リフォームしといて良かったよ」とのお言葉をいただいた時は、営業担当としてこの上なく嬉しかったです。この生まれ変わったヘーベルハウスでずっとずっと幸せな時間を過ごしていただければと思っています。

設計担当:堀部

準備中

リフォームの詳細はPDFをご覧ください

リフォーム実例集トップへ