「ヘーベル光テレビ」で4K放送・8K放送を視聴する場合に必要となるテレビ・チューナーについて

BS4K110°CS4KBS8K

①4K放送・8K放送対応チューナーを内蔵した4Kテレビまたは8Kテレビをご利用の場合:外付けチューナーは不要です。

②4K放送・8K放送対応のチューナーを内蔵していない4K対応テレビまたは8K対応テレビをご利用の場合:外付けチューナーやチューナー内蔵録画機が別途必要です。

  • 4K放送・8K放送をそのままの画質で視聴するためには、4Kテレビ・4K対応テレビ・8Kテレビ・8K対応テレビが必要です。また、テレビやチューナー、録画機等の機器はHDCP2.2、4K60Hzに対応したHDMI端子で接続する必要があります。

4K放送6チャンネル(右旋で放送されるチャンネルモーダルウィンドウで開きます)のみを視聴したい方

  • 1

    4K放送対応チューナーを内蔵した4Kテレビ

    4Kチューナー内蔵の4Kテレビ(BS4K)

  • または
  • 2

    4K放送対応のチューナーとチューナーを内蔵していない4K対応テレビ※1の組み合わせ

    4K放送対応のチューナー(BS4K) + 4K対応テレビ

4K放送・8K放送の全てのチャンネル(左旋で放送されるチャンネルモーダルウィンドウで開きますを含む)を視聴したい方

  • 1

    4K放送・8K放送対応チューナーを内蔵した4Kテレビ・8Kテレビ+光対応 新4K8K衛星放送アダプター※2

    4K・8Kチューナー内蔵の4Kテレビ、または8Kテレビ(BS4K、110°CS4K、BS8K) + 光対応 新4K8K衛星放送アダプター

  • または
  • 2

    4K放送・8K放送対応のチューナーチューナーを内蔵していない4K対応テレビ・8K対応テレビ※1の組み合わせ+光対応 新4K8K衛星放送アダプター※2

    4K放送・8K放送対応のチューナー(BS4K、110°CS4K、BS8K) + 4K対応テレビ、または8K対応テレビ + 光対応 新4K8K衛星放送アダプター

  • ※1
    4K対応テレビ・8K対応テレビには4K放送・8K放送を受信する機能は搭載されていません。4K放送・8K放送を受信するには、新しい規格に対応した受信機(テレビ、チューナー等)が必要になります。
  • ※2
    スカパーJSAT(株)よりご購入いただきます。販売価格等詳しくはこちら別ウィンドウで開きます(外部サイトへ遷移します)からご確認ください。
  • 4K放送・8K放送対応機器の情報はこちら別ウィンドウで開きます(外部サイトへ遷移します)

「光対応 新4K8K衛星放送アダプター」とは?

BS4K、BS8K、110度CS4K放送(左旋放送)の信号を4Kテレビ・8Kテレビで視聴できるように変換する装置で、左旋放送を視聴されるテレビ1台ごとに設置します。

アダプターの詳細や配線方法はこちら別ウィンドウで開きます(外部サイトへ遷移します)をご参照ください。

光対応 新4K8K衛星放送アダプター
(写真は開発中のものです)

  • 約10cm×10cmの手軽なサイズ感
  • ACアダプターなしでテレビやチューナー等からの給電により動作※3
  • テレビとの接続に必要な同軸ケーブル2本を同梱
  • ※3
    給電のためテレビ本体の設定が必要な場合があります。
  • 電波干渉による受信不良を避けるため、無線機器(Wi-Fiルータなど)から一定の距離をあけてご使用ください。

ヘーベルハウスにおける4K8K放送視聴のための設備環境について

  • ★建物の仕様年度を問わず、4K放送6ch(右旋)は視聴可能です。(対応テレビ、チューナーは必要です)
  • ★すべての4K・8K番組(左旋・右旋)を視聴する場合
    • ヘーベルハウス1705(2017年5月)仕様の場合、情報分電盤(共聴設備)にアダプターを設置することにより全部屋ですべての4K8K番組がご覧いただけます。(対応テレビ、チューナーは必要です)
    • ヘーベルハウス1611(2016年11月)仕様以前の場合、全部屋ですべての4K8K番組を視聴するためには、アダプターの設置に加え、各部屋のTV端子・ブースター・分配器の交換工事が必要となります。
      なお、1台のテレビで視聴の場合はアダプターの設置のみで視聴可能です。